立ち寄りショップ

  • HOME »
  • 立ち寄りショップ
店舗情報は随時受付中です!
本サイトへの登録を希望される方は funride-event@runners.co.jp(淡路島Springライド事務局)まで
タイトルに「掲載希望」として、店舗名、ジャンル(宿泊・飲食など)、ご連絡先(メール・電話)をメールでお送りください。

サイクリスト大歓迎!淡路島内でおすすめのサイクルスポット


1234567891011121314

1. 淡路カントリーガーデン
https://awaji-garden.jp/

岩屋や東浦、野島から高低差200mほどのヒルクライムをこなした丘の上にある、宿泊施設を備えた牧場ならびに農場。各種農産物の収穫や動物との触れ合いが体験でき、最大50人宿泊可能なコテージも。広大な敷地の入り口にあるハンバーガーショップの「あわじ大地のバーガー」と「あわじミルクのソフト」が人気で、稜線を走る快走路に面しているためビンディングペダルのサイクリストも気軽に立ち寄ることができる。

〒656-1726 兵庫県淡路市野島常盤1463-6
TEL: 0799-82-2953
営業時間 10:30〜18:00 定休日水曜日

2. GREENてらす
https://www.green-terasu.com/

人気の多賀の浜海水浴場まで徒歩5分という立地のキャンプ場。静かな丘の上にある敷地には合計5台のトレーラーハウスが並んでおり、テントを持ち込んでのキャンプだけでなく、気軽にグランピングを楽しむことができる。バーベキューセットのレンタルもあり、播磨灘を眺めながらバーベキューも。シーカヤックやサップのレンタルもしており、夏場は海水浴と組み合わせながら、淡路島北部を中心にライドを楽しむことが可能だ。

〒656-1521 兵庫県淡路市多賀2237番地
TEL: 0799-70-6708

3. 創作うどん家ぜん丸
http://www.zenmaru.com/

津名一宮インターにほど近い、コスモス街道に面したうどん店。カントリー風の外観とは裏腹に、麺とつゆにこだわった各種うどんが手頃な価格で味わえる。天ぷらやおにぎり、ぜんまる名物の太巻き「元気巻」とのセットメニューも豊富で、うどん大盛りとの組み合わせでアワイチに必要なカロリーをしっかり補給可能。野外にテラス席も用意されているため、バイクから目を離さずに食事を楽しむことができる。

〒656-2131 兵庫県淡路市志筑1170-1
TEL: 0799-62-4834
【平日】11:00~18:00 (LO17:30)【土日祝】11:00~20:30 (LO20:00)定休日水曜日

4. 松帆アンカレイジパーク(道の駅あわじ)
https://michinoekiawaji.shopinfo.jp/

「道の駅あわじ」として親しまれている松帆アンカレイジパークは多くのサイクリストにとってアワイチの起点になっている場所。明石海峡大橋の巨大なアンカレイジ(メインケーブル固定用のコンクリート塊)横に位置し、世界最長の吊り橋を間近で眺めることができる。レストラン「海峡楼」や「えびす丸」、フードコート、淡路牛バーガー屋など、食べ物のバリエーションは豊か。売店ではオリジナルの淡路土産が揃っている。

〒656-2401 兵庫県淡路市岩屋1873-1
TEL: 0799-72-0001
おみやげ店 (平日)9:30~17:30 (土日祝)9:00~17:30
バーガー屋・とれとれ市 (平日)9:30~17:30 (土日祝)9:00~17:30
レストラン海峡楼 11:00~18:00(L.O.)

5.淡路島タコステ
https://tacosute.com/

サイクリストに「道の駅あわじ」と「岩屋港」の中間と言えばわかりやすい立地にある、たこフェリー乗り場の跡地に2020年にオープンした観光施設。屋内の海鮮料理えびすでは、淡路島ならではの海鮮物やシラス、サワラを使った食事が充実。アイランドバーガーや唐揚げ、たこ焼き店などが軒を連ねるフードコートもあり、ライド途中やライド前後の補給に事欠かない。タコステショップには淡路島の土産物も揃っている。

〒656-2401 兵庫県 淡路市 岩屋 1414-27
TEL: 0799-64-7551
営業時間:平日10:00~17:00、土日祝10:00~17:30、海鮮料理えびす11:00 ~ 15:00
定休日:水曜日

6. 淡路島観光ホテル
https://www.awakan.com/

対岸に大阪や和歌山を望むことができる抜群の眺望が自慢。「日本一のフィッシングホテル」として知られ、目の前のプライベート釣り場(釣具レンタル有り)や船釣り、チャーターボートでは、1年を通して様々な魚種を狙うことができるため、ライドやその他のアクティビティを織り交ぜたグループや家族での宿泊に最適。ホテルを出て南に走り出すと、交通量も信号も少ない魅力的な淡路島南部に簡単にアクセス可能となっている。

〒656-0023 兵庫県洲本市小路谷1053-17
TEL: 0120-22-9700

7. 淡路第2プリンスホテル
https://www.awaji-dai2prince.jp/

淡路島を楽しむサイクリストの強い味方になる、室内にバイクを持ち込むことができるホテル。リーズナブルな価格で、無料の駐車場も備えている。2019年にリニューアルした新しい内装で、バイクラックを備えたシングルルームが4部屋追加された。食事や買い物に便利な洲本市の中心にアクセスが良く、洲本を発着するアワイチはもちろんのこと、風光明媚な淡路島南部を堪能するライドの拠点として利用しやすい。

〒656-0022兵庫県洲本市海岸通1-7-11
TEL: 0799-23-0271

8. ウエルネスパーク五色浜千鳥
http://www.takataya.jp/stay/public.htm

淡路サンセットラインを離れ、長さ600mほどのヒルクライムをこなした先にある島内最大規模の複合施設。東京ドーム4個分という広大な敷地には、サワラや淡路牛など地元の食材を活かしたレストラン「浜千鳥」、宿泊施設、オートキャンプ場、お風呂、農業体験などの施設が充実している。ランチに立ち寄るのはもちろん、瀬戸内海を見下ろす高台にあるログハウスはファミリーでの滞在や人数揃えてのトレーニング合宿にも最適。

〒656-1301 兵庫県洲本市五色町都志1087
TEL: 0799-33-1600
レストラン「浜千鳥」
営業時間 昼食:11:30〜14:00 夕食:17:30〜21:00

9. 星の果実園 淡路島農カフェ・コンフィチュールスタジオ
https://hoshinokajitsuen.jp/

自家農園のいちごをふんだんに使用したスイーツが人気のカフェ。農園の中から大きいものを厳選したいちご(紅ほっぺやおいCベリー)が乗るケーキは、バランスが悪いとも思ってしまうほどのインパクト。店名の通りコンフィチュール(ジャム)はもちろん、ソフトクリームなどのスイーツやドリンクも揃っており、店内での飲食だけでなくお土産にも。

〒656-0021 兵庫県洲本市塩屋2-1-45
営業時間 10時~19時(土日祝 10時~18時)
無休
※臨時休、営業時間の変更がある場合がございます。HPでご確認お願い致します。

10. Giro d’Awaji
http://giro-di-awaji.com/

アワイチ定番のお昼処である福良にある、サイクリストのオーナーが営むカフェ/レストラン。淡路牛ローストビーフ丼や淡路牛ロコモコなどのフードはもちろん、試行錯誤を重ねた「トイレが近くなりにくい」というバイシクルブレンドなど、世界各国の生豆から焙煎したコーヒーが味わえる。各種修理キットを備えた自動販売機が店頭で24時間稼働中。淡路島南部での貴重なエイドステーションとしての役割も果たしている。

〒656-0501 兵庫県南あわじ市福良甲1529-3野口ビル1階
TEL: 0799-50-2411
営業時間 9:30~17:30/定休日 毎週火曜日・毎週水曜日

11. 淡路島海上ホテル
http://www.awajishimakaijyo.com/

アワイチの順ルートで福良に差し掛かる際に、最初に見えてくる老舗ホテル。屋内の大型バイクラックや貸し出し用工具など、サイクリストの受け入れ態勢が整っている。ホテルならではの宴会場を利用した大人数の食事にも対応しているため、家族や少人数のグループだけでなく、風光明媚な南淡路を走り尽くすクラブチームなどの合宿にも最適。ライド途中のランチストップとして、海鮮物を揃えた1階レストランの利用もおすすめ。※ランチは前日までの予約が必要です。

〒656-0501 兵庫県南あわじ市福良甲21-1TEL: 0799-52-1175

12. 道の駅うずしお
https://eki.uzunokuni.com/

鳴門海峡を見下ろす半島の先端に位置する道の駅うずしおは、淡路島の中で最も四国に近い場所。大鳴門橋をバックにした玉ねぎ型のベンチは淡路島を代表する絶好の写真スポットになっている。絶景を眺めるレストランの他、全国ご当地バーガーグランプリで受賞歴のある、玉ねぎカツの上に淡路牛とトマトソースが乗ったオニオンビーフバーガーや、グラタンソースと肉味噌を乗せたオニオングラタンバーガーが名物。

〒656-0503 兵庫県南あわじ市福良丙947-22
TEL: 0799-52-1157
営業時間 レストラン 10:00~15:00(L.O.)木曜日休館
営業時間 あわじ島バーガー 平日9:30~16:30(L.O.)土・日・祝日 9:00~16:30(L.O.)
木曜日休館

13. ペンション アマテラス
http://a-terrasse.net/

アワイチのコース上でひときわ目を引くデザインのペンションが、阿万(あま)にあるテラス、アマテラス。全5部屋の洋室には2段ベットとバイクラックが備え付けられており、ライドの拠点として、またはライドの中継宿泊地として利用しやすい。カフェの淡路島カレーやハヤシライスはライド中のランチに最適で、半屋内のバーベキュースペースで行う地元野菜や牛肉、海鮮物をふんだんに使用したバーベキューも人気。

〒656-0543 兵庫県南あわじ市阿万塩屋町565-2
TEL: 0799-55-0111

14. 洋風創作うどんKEKKOI
https://kekkoi.jimdofree.com/

カフェとスイーツ工房を併設した、地元で人気のうどん店。讃岐弁で「きれい」を意味する店名は、女性客の比率が高いこともうなずける内装で、上質な淡路牛を使用した肉うどんはもちろん、ボロネーゼやカルボナーラなど、同じ麺を使用した洋風うどん(パスタ)メニューも豊富に揃っている。がっつり補給したいサイクリストには、うどんの大盛り(1.5玉もしくは2玉)の他、チーズケーキやガトーショコラなどの本格スイーツもおすすめ。

〒656-0461
兵庫県南あわじ市市円行寺187
TEL: 0799-20-4518
営業時間 11:00〜17:00(L.O.)定休日:金曜日

PAGETOP
MENU